出会いの素晴らしさ

2017年2月18日

クミコ先生が英語の先生になった理由は、たくさんありますが。一番大きな理由は「地域の皆さんに英語を通して広い世界を知ってほしい」という事です。自分自身が、小さいころに海外とご縁があるありがたい環境だったので、お返ししたい気持ちが今も変わりません。

 

英語を教える事はもちろんですが、英語を通して異文化理解、新しい出会い、人生観などお伝えすることはたくさんありますが、ここ数年はホストファミリーをすることで、生徒さんに新しい人や文化と出会ってもらう事が増えてきました。

 

先月は、UAE(アラブ首長国連邦)からマリアムがやってきました。1年前に内閣府のプログラムで我が家にホームステイをしたちょうど1年後。プライベートで帰ってきてくれました!

 

早速、生徒の皆さんと交流をしていただきました。

マリアムと楽しくレッスンを受けた生徒さんは、初めて出会うアラブ人との楽しい時間を忘れたくないという事で、ノートをまとめてくれました。

マリアムとダンスをした、社交ダンスの先生カズコさん。

当日書いてもらったアラビア語の自分の名前を貼って、思い出を綴っていました。

 

アラブのスイーツ「デイツ」を使って、PPAPの替え歌を楽しんだ小学生兄妹も。

何度も書き直し、自分が納得いく形で思い出を残してくれたアオ君。

教えてもらったアラビア語も書き留めていたヒナちゃん。

 

ここまでしっかりした形でノートに残さなくても、マリアムに出会った皆さんの心の中には、アラブという国への純粋な興味。もしかしたら以前まで抱いていた間違った偏見への反省。人との出会いの大切さなど、心の中に新しい種を育てようとしています。

 

英語を上手に教える先生だけではいたくない。というのがクミコ先生の考えです。

英語を通して、いかに豊かな時間を増やすかをお伝えしたいといつも思っています。

 

小さな種まきから始まる人生。これからも楽しみです。