ハワイで英語を使おう

2017年6月16日

5月下旬からしばらくの間、ハワイに行きました。珍しくお仕事とは関係のない旅でした。

今回は、ハワイ島とオアフ島に行きました。

実は、ハワイはこれで3回目。23年前にハワイ島に行き、16年前に友人の結婚式でオアフ島に行きました。

ハワイというと「日本語が通じる」「行きやすい場所」「日本人が大好き」「日本人が多い」といった印象を持たれがちです。間違いではありません。本当に日本人は多いですしね。
でも、英語の先生として今回は、ハワイでも英語を使うんだよ。という経験談をお伝えしたいと思います。

 

まずは、行きの飛行機で嬉しい出来事がありました!

じゃーん!

コクピットに入れました!理由はわかりません。

CAさんが「コクピットに入る?」と声をかけてくれたので、即答で「YES!」と言いました。

大興奮のままパイロットと副操縦士にご挨拶!日ごろの飛行機への熱い想いも伝えました。

あ~!英語が話せて良かった!!と思う時は、こういう時。自分の大好きなこと、日ごろの考え、想い、を伝えられた時です。

 

ハワイ島で乗った潜水艦

手前の舟が潜水艦です。ハワイ島という事もあり、船の中で日本人は私達だけでした。乗船の説明も中での解説も全て英語です。

潜水艦の中からサメを見た時は、みんなで大喜びしました。一体感のある船内では英語が飛び交います。

ちなみに、潜水艦が潜る(水の中に入る)という動詞は「Dive」です。人間以外にも使えるんですよ。

 

スクールバス

クミコ先生は乗り物好き。特にアメリカのスクールバスは魅力的!実は中には一度も入ったことがありませんでした。今回、ちょうど休憩中のドライバーさんがいたので、声をかけて事情を説明したら、快く中に入れてくれました。

女性ドライバーさん。クミコ先生が「スクールバスの模型を日本で持ってる」と伝えると、とてもびっくり&笑っていましたが、嬉しそうでした。ローカルな人なので会話は英語です。

 

現地ツアーで申し込んだショー

日本のツアー会社ではなく、現地ツアーで申し込むと、お客さんは必然的に日本人以外となります。集合場所から会場、帰りのバスの中までずっと英語です。

日本人のツアーと大きく違う事は、行きのバスから盛り上がっている事でした。歌ったり、踊ったり、ジョークが飛び交ったり、とにかく楽しいです。ジョークなど英語がわからない時もありますが、それほど気になりませんよ!

 

ちなみに、このツアーには浴衣で参加しました。どんなに高価なドレスを着ても体系的に似合わない…。だったら一番似合う夏の恰好をしよう!という発想で、浴衣にしました。良い感じで目立ちますし、会話のきっかけにもなりますよ。

 

 

 

レンタカーでドライブ

オアフ島では、ワイキキエリアを抜けると、田舎のアメリカらしい風景が広がります。もちろん、日本語を話す人も急に減ります。

ノースショアの街並み

ワイキキとは違う雰囲気です。

 

ハワイ大学も訪れました。土曜日で学生さんは少ないですが「学校生活」「英語」という環境を知るには、大学訪問はおすすめです。

 

地元のスーパーも。

この大きな容器は、ミルクです。ガロンで売っています。

あ~!ハワイはアメリカだった!と思い出す瞬間です。

 

英語と関係ありませんが…

ハワイ島のコナ空港

コナ空港はとても特徴的。

ターミナルビルがありません。この写真のような開放感のある建物がターミナルです。でも国際空港ですよ!

 

ここには書ききれないほどの思い出と経験をしました。

詳しい事は、レッスンで徐々に紹介していきます。

写真や地図を使ったレッスンを準備しましたので、皆さんお楽しみに!!

 

ハワイでも十分、英語は使えます。

使えなくても楽しめるのがハワイの魅力の一つですが、使いたい人にも魅力的です。

ステレオタイプな考えで「ハワイでは英語が使えない」なんて、残念なことを思っている人がもしいたら、大きな声で言いたいです。

どこにいても、何をしていても、英語を使う、使わないは、あなた次第です!

 

クミコ先生は、まだまだ「ハワイ病」です。

…と言ったら、生徒さんに「ハワイロスですね」と言われました!!