一時帰国の生徒さん

2017年8月18日

クミコ先生の生徒さんは、多くの方が様々な理由で海外で暮らしています。

留学、ワーキングホリデー、転勤、親御さんの転勤、など…

 

こうちゃんは、日本の学校で3年生生の年齢です。

こうちゃんが1歳頃、アメリカンパイ(親子英語サークル)で出会ってからずっとクミコ先生の生徒さんです。

 

ちょうど1年前、お父様のお仕事の関係でマレーシアにご家族で引越されました。

 

新しい世界へ送り出す嬉しさと会えなく寂しさがありました。

1年前のお別れの時。

 

そして1年後。

こうちゃんは、お母さんと一時帰国で帰ってきてくれました!

 

なんといっても、その成長ぶりに感激!

背が高い!!

上の1年前の写真と比べると、その成長がわかります!

 

お母さまもマレーシアの生活が合うようで、お若くなっています~!

 

海外へ行っても、こうして先生に会いに来てくださるなんて本当に感激!

マレーシアでの生活について、たくさんお話ししてくださいました。

そして、クミコ先生が一番驚いたのは…!

 

こうちゃんの英語がものすご~~~~く上達していることです!

こうちゃんは、マレーシアのインターナショナルスクールに通っています。

英語で授業を受け、英語で友達を作る毎日です。

きっと大人が想像する以上に大変なこともあったと思いますが、自分でできる事は自分で乗り越えてきています。

その成果が、英語力に現れていました。

これは、こうちゃんがクミコ先生に会った日の夜に書いた日記です。

多少のミスがあるものの、上手に描けています。

何よりも、自分の言葉で綴っています。

 

会話は、書く英語以上に上達しています。

発音は若干のマレーシアなまり(?)を感じるかもしれませんが、全く問題ありません。

大きなジェスチャーをつけて、顔の表情も豊になって、英語を話す人らしい振る舞いでした。

このジェスチャーや顔の表情は、英語がまだ十分に伝わらないマレーシア生活序盤に生きる術として自然に身に付けた能力だと思います。

(そう思うと、感動してウルウル涙が出そうでした)

 

日本語も上手に話します。

家に帰れば日本語なので、上手にバイリンガルとしての脳が作られているのかな?

ちょっと変化があったのは、日本語の発声が若干英語っぽく「力強く」なっていました。

でも、むしろハキハキした日本語に聞こえて気持ちがいいです。

 

生徒さんがこうして成長していくことは先生にとって本当に幸せなこと。

日本にいた頃から英語が大好きで、上達も早い生徒さんだったこうちゃんが、あと2年間のマレーシア生活でどこまで成長していくのか、楽しみです。

 

素敵な生徒さんと、こうしてずっと繋がっていられることにも心から感謝します。