ハッピーセット

2018年3月9日

英会話教室MKcreationの近くには、マクドナルドがあります。歩いて3分程度の場所です。

忙しい日に助かるマクド。

学生さんと一緒にお楽しみレッスンに使わせてもらうマクド。

生徒さんの何人かがアルバイトをしているマクド。

そんな大好きなマクドナルドの「ハッピーセット」は子供向けメニューのセットにおもちゃがついてきます。

 

そのおもちゃの中に「マクドナルドの人生ゲーム」がありました。

直感で「レッスンに使える!」と確信したクミコ先生。

 

なぜレッスンに使えるの?

それは…

 

子供向けの日本語で書かれたスゴロクは、英訳しやすいからです。

そして、時に、かえって難しいからです。

一緒に見てみましょう。

 

「新しい商品についての勉強を忘れる」

これは、英語がよく出来る人ほど直訳をします。

I forget to study about new products.

「忘れる」も「商品」もちゃんと“訳して”います。

でも、これはマクドナルドのクルーが成長するストーリーの人生ゲーム。

だから、もうちょっと考えてみると…

 

「商品」がproducts というのは正解ですが、なんか味気ないかな?

例えば menu とか hamburger とか だと楽しいですね。

 

「し忘れる」は forget to ~ で正解です。

でも、もしこのforget が出てこなかったら…?

I didn’t study~ でも OKです。

意味は十分通じます。

 

Forget が出てこないという理由で、英訳が止まってしまう生徒さんが多かったです。もったいないです。Forget が出てこないという理由で、一言も発せなければ、それは「英語を話せない人」になってしまいます。でも、それっぽく I didn’t を使って話した人は「英語を話せた人」になります。

 

まずは、伝える事に意識して!

という練習に、このハッピーセットレベルの日本語と、楽しいマクドナルドの世界観が教材にピッタリでした。

コマを進めながら、店長目指して働くゲームです。

 

英語学習の教材は身の回りにいっぱいあります。

見て、ひらめいて、使ってみる!

それが先生の楽しみでもあります。

 

実は英訳の最強チームは中学生。

大人ほど頭が固くなく、発音は子供のころから鍛えられているので完璧で、柔軟性があり、物怖じしない。素晴らしいチームでした!