英語が話せない理由の一つ

2018年5月7日

今日は海外旅行前のレッスンの様子を通して、英語が話せない理由の一つをお話しします。

大人の生徒さんだけではなく、全ての年代の皆様にお伝えします。ゆっくりお読みくださいね。

 

春から夏にかけて、海外旅行をする生徒さんが増えます。

海外旅行で、まず英語を話すのは飛行機。

でも、飛行機会社が日本の会社であれば英語は必要ないですね。

 

たぶん、多くの人が嫌でも英語を話すのは到着空港での入国審査でしょう。

 

そういうわけで、MKcreationでは入国審査の練習をする事が多いです。

じゃーん!

用意するものは、これ!

パスポート(のようなポストイット綴り)

ボーティングパス・搭乗券(のような便せん)

入国申請用紙(のようなメモ帳)

行先表示板(のようなマウスパッド)

 

全て文房具ですが、役立ちますね~。

 

プリントの英会話集を見て、読んで、暗記して、先生と話す。

のと

実際に体を動かして英語を話す。

のとでは、大きな違いがあります。

 

入国審査では、それほど多くの事は話しません。

旅慣れている人なら緊張もしないでしょう。

でも、旅慣れていない人や自信が持てない人にとっては、大きな勇気がいります。

だから、簡単な英会話のやりとりでも、何度も体を動かして練習をします。

 

…と、こんなに熱く語っていますが。

実は入国審査で一言も英語を話さなかった。という生徒さんも多いです。

 

クミコ先生は、入国審査官とは何かを言葉を交わす方なので、ちょっとビックリ。

あれれ?時代が変わったのかな?

と思っていましたが

 

先日、アメリカに旅行した生徒さんがこんな事を報告してくれました。

 

「先生との練習、めっちゃ役立ちました!

入国審査でも英語で話しましたよ!

今までは、何か聞かれたら嫌だな、って思ってましたが、今回は先生と練習したし、(英語を)試してみたかったから「もっと(私に英語で)聞いて!」という気持ちが強くて、本当に楽しかったです!」

 

そう、一つわかった事があります。

皆さんは、気が付きましたか?

 

入国審査に限りませんが、英語を話す機会があるかないか(つまり、英語が話せるか話せないか)は、その行先やシチュエーション、話し相手が問題ではないんですね。

 

その人から放たれるオーラのようなものです。

 

私、英語で話します!

練習したから頑張るぞ!

もっと、私になんでも聞いて!

と思っている人と

 

お願い、だれも話しかけないで。

英語で聞かれたらどうしよ、、、

あ~困った、、、

と思っている人

 

この人達が放つオーラは大きく違います。

どちらのオーラも前向きか後ろ向きの違いがあるにせよ、強いものなので相手に伝わりやすいです。

もちろん、気持ちだけではなく、顔の表情、声のトーン、など「その人全て」から発せられる空気が影響をしますよ。

 

もし、あなたが英語をそれほど話さずに純粋に旅行を楽しみたい、与えられた仕事(任務)を果たしたい、と思っていれば、英語を話す事を回避して自分の目的を達成できます。

それが悪い事だとは思いません。

野球選手は通訳をつけて大リーグで活躍しています。

英語よりも本業の野球を優先しています。

素晴らしいプロ意識です。

 

でも。

もし、あなたが英語を習っていて、英語を話したい、英語で多くの人とコミュニケーションを取りたい、と願っているならば、気持ちの準備もしてください。

めちゃくちゃ練習をした。

会話は丸暗記して、全部頭に入っている。

一言も間違えない自信すらある。

のに、英語が話せなかった、、、と帰ってくる人には「英語を話すぞ!」という気持ち、覚悟(大袈裟?)、意思、がちょっと足りなかったんだと思います。

 

今日のフレーズでいうなら「オーラが足りなかった」又は「後ろ向きオーラが強すぎた」のでしょう。

 

MKcreationでは、その「心」も養えるレッスンをしていますよ。

時には厳しく、でも楽しく。体も使って!心も揺さぶられて!

前向きオーラを増やしていきます。

 

英語で豊かな心を。

英語で豊かな経験を。

英語で豊かな人生を。

私達と一緒に!!