おもいで

2018年6月27日

小学1年生のリュウ君。

絵と英語がとっても上手な優子先生とプライベートレッスンを楽しんでいます。

3歳前から通ってくれていたので、小学1年生ですがもう4年目!

 

ある日のレッスンでも、優子先生の手書きの絵を使って英会話をしていました。

本当に軽~く描いた絵のようですね。

 

次の週―

 

リュウ君の鞄の中から、上記の絵が出てきました。

 

優子先生「あらあら、先週の絵だね。今日は使わないから捨てようか?」

すると、リュウ君は…

「捨てたらアカン!持って帰っねん!」

と言って、この絵の下に一言添えて、絵を持って帰りました。

 

さて、何と書いたでしょうか?

 

答えはコチラ

「おもいで」

 

そう。

リュウ君にとっては、毎回のレッスンが先生との大切な時間であり「おもいで」なんですね。

 

優子先生、感激☆

それを聞いたクミコ先生も感激☆

 

子供クラスでは先生のさりげない一言が心に残り、その言葉が生徒たちの未来に影響する事が多々あります。

でも、そんな壮大な夢とかじゃなくても、一緒に過ごす英会話レッスンという時間の共有、気持ちの通い合いこそが、かけがえのない瞬間ですね。

リュウ君の一言で、心温まる気持ちになりました。

We love you!