MK creation English For you

  • MENU
  • MAP

エアメール

2021年4月28日

教室の生徒さんの中には、ご親族が海外でお仕事をされたり、国際結婚をされているという場合もあります。

それが背景となって英語学習を始めている生徒さんも多いです。

今日は、そんな遠い国のご親族に本物の「エアメール」を出そう!プロジェクトのご紹介です。

動画が見られる方はこちらから見てね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kumiko Inoue(@kumiko_sensei)がシェアした投稿


今回は二人の小学生。

手順はこんな感じです。

<下書き編>

1)手紙に何を書きたいか、箇条書きでリストアップする

2)それをジャンル別(質問系、報告系、リクエスト系など)に分ける

3)話題にする順番に番号をつける

4)番号順に英訳する

5)最初の挨拶と締めの言葉を付け加える

 

そう、下書きが最も大切なんですね。

ここまで出来たら、あとは便せんに書き始めます。

 

今回は、お母さまもご協力くださって、手作りの便せんをご準備くださりました。

それぞれ、今やっているスポーツの絵柄で作った便せんです。

もう、この時に既にクミコ先生は感激!!お母さまのお気持ちが本当に嬉しかった!

 

チャオから始まるお手紙。

ご挨拶は、現地の言葉にしよう!という事で調べて書きました。

こちらは、ナマステ~!です♪

いつも呼んでる感じで宛名を書こう!と言ったら「とうちゃん」になりました。

 

手紙の清書が終わったら、宛名です。

結構、大変!

自分の住所もローマ字で書きます。

でも、主に外国では小さい住所(番地など)から書く事を今回知りました!

 

さて、準備が出来たら郵便局へGO!

 

切手も自分で買います。

いくら必要なのか?

何日くらいかかるのか?

など、自分でちゃんと局員さんとお話しします。

 

なんと!切手を貼るのは、初めて!

いえ、シールになった切手は知っているようでしたら、濡らしてペタっと貼るのは初めてだったみたい!

局員さんが丁寧に教えてくれましたね。

 

全部、できたら

「お願いします!」とご挨拶をして終了です。

 

なんと!一つのお手紙は、コロナ禍のため飛行機が飛んでいないので「船便」になりました!

これには、クミコ先生もビックリ!

でも、時間をかけて届けてもらいましょう♪

 

今回のエアメールレッスンは、英語はもちろんのことですが、手紙を出す事、切手のこと、郵便局のこと、外国とつながる方法など、様々な事を学んでもらえたように思います。

 

クミコ先生は、小さい頃から海外文通をしていましたので、そういった事が当たり前の子供でしたが、インターネットが普及している今、あえて手紙を!それも英語で海外に!という経験が生徒さんと一緒にできたことに感謝をします。

 

これからも英語を通して、幅広い体験をしましょうね。